釣り具の買取なら鑑三郎!
LINEで買取価格を調べる
電話で価格を調べる
メールで価格を調べる

かんざぶろうでは、釣り具の買取りを行っております。
使わなくなった釣り具をお持ちでしたら、是非かんざぶろうに買取りをご相談下さい。

釣り具の買取方法

まずは買取方法について確認!

リサイクルショップかんざぶろうの宅配買取サービス
リサイクルショップかんざぶろうの店頭買取サービス
リサイクルショップかんざぶろうの出張買取サービス

釣り具の買取対象一覧

釣り具の買取は、 かんざぶろうにお任せ!

・ルアー
・リール

・ライン
・フック・針

・竿・ロッド
・収納ケース

・タモ
・その他釣り小物 など

釣り具の高価買取のポイント

高価買取のためにはここをチェック!

商品の情報を確認の上で買取に

釣り具のメーカー・製品名を確認

人気メーカー・人気商品は買取金額も高い場合が多くなります。見積り時には、メーカー名と製品名をお伝えください。

売りたいと思い立ったら即連絡

釣り具の買取はお早めに!

高価買取のためにはご購入から5年以内の決断がおすすめ。製品の型式・年式をお知らせください。

高価買取の決め手は「第一印象」見た目は重要

キレイにして買取金額UP

キレイにお掃除していただくと、買取価格がアップします。

購入時の付属品は何でもUP!!

付属品は忘れずに

付属品の有無は、買取査定の重要なポイント!取扱説明書や付属品がある製品は、忘れずチェックしましょう。

完全動作が買取の基本です

釣り具の使用状況を確認!

メンテナンスがされているものは高価買取の可能性が上がります!

キズや破損は隠さず連絡

釣り具のキズや破損等はないか

外見も重要なポイント!なるべく新品に近い状態であればあるほど、買取金額も高くなります。

LINEで買取価格を調べる
電話で価格を調べる
メールで価格を調べる

釣り具の買取対象商品一覧

お取り扱いメーカーはこちら!

・シマノ
・ダイワ
・アブガルシア

・がまかつ
・DUEL
・エバーグリーン

・宇崎日進
・天龍

・バスデイ
・メジャークラフト など

上記のメーカー以外の記載のないメーカーでも、ぜひご相談ください!

釣り具の高価買取メーカー

高価買取メーカーはこちら!

・シマノ
・スピニングリール
・ロッド

上記のメーカー以外の記載のないメーカーでも、ぜひご相談ください!

釣り具の廃棄方法

釣具は各パーツの素材や大きさによってきちんと分別しましょう。
木材や金属などでできており、これらを混ぜてゴミに出すことはできないので注意しましょう。

●金属ごみとして捨てる
外せる金属パーツは取り外して、「金属ゴミ」に出しましょう。
金属は大抵の自治体で分別が必要です。

●燃えるゴミとして捨てる
金属パーツは取り外し、木製の竿であれば燃えるゴミで処分できます。

●燃えないゴミとして捨てる
金属パーツは取り外し、カーボンやガラス製の竿は燃えないゴミで処分しましょう。

●粗大ゴミとして捨てる
30㎝を超える切断できない竿は、粗大ごみとして処分する自治体が多いです。
粗大ゴミサイズの規定については自治体のホームページ等から確認してください。

①お住まいの自治体の粗大ゴミ受付センターにホームページ等から問い合わせて、粗大ゴミの収集依頼をする。
②スーパーやコンビニなど、最寄りの粗大ゴミ処理券取扱店で粗大ゴミシールを購入して、貼り付ける。
③ゴミの収集日時までに、お問い合わせの時に指定した収集場所へアンプを出しておく。

●不用品回収業者に依頼して処分する
自治体のごみ回収だけではなく民間の業者が行なっている不用品回収に依頼することで処分することもできます。 自治体を利用して処分するよりも手続きが簡単です。

釣り具の歴史

旧石器時代の後期(およそ200万年ほど前)魚を獲る手段として釣りが行われていたようです。
骨を削って作られ、今の釣針と同じような形に成形されたものが出土されたそうです。
日本で釣りが始まったのは、縄文時代と言われており、その頃は漁具として使用されていたと言われています。
奈良時代、平安時代には、貴族たちの間で行われていた釣りも、
江戸時代の頃には、庶民の娯楽として広まりました。

LINEで買取価格を調べる
電話で価格を調べる
メールで価格を調べる