管楽器の買取なら鑑三郎!
LINEで買取価格を調べる
電話で価格を調べる
メールで価格を調べる

フルート、クラリネット、ホルン、オーボエ、トロンボーン、ユーフォニアム、チューバなど、ご不要な管楽器をお持ちの方がおられましたら、是非かんざぶろうへ買取りをご相談下さいませ。

管楽器の買取方法

まずは買取方法について確認!

リサイクルショップかんざぶろうの宅配買取サービス
リサイクルショップかんざぶろうの店頭買取サービス
リサイクルショップかんざぶろうの出張買取サービス

※宅配買取が可能かどうか、商品にもよりますのでご相談下さい。

管楽器の買取相場

気になる買取相場情報!

ぜひ当社で査定してみてください!

・製造年
・状態
・付属品の有無
・楽器のブランド
これらにより買取価格は変わってきます。

管楽器の高価買取のポイント

高価買取のためにはここをチェック!

商品の情報を確認の上で買取に

管楽器のメーカー・製品名を確認

人気メーカー・人気商品は買取金額も高い場合が多くなります。見積り時には、メーカー名と製品名をお伝えください。

売りたいと思い立ったら即連絡

ジャンク品でも!

ジャンク品でも、まずはご連絡ください。

購入時の付属品は何でもUP!!

管楽器の付属品は忘れずに

付属品の有無は、買取査定の重要なポイント!取扱説明書、保証書などの付属品がある製品は、忘れずチェックしましょう。

高価買取の決め手は「第一印象」見た目は重要

管楽器の見た目がキレイだと買取価格UP!

キレイにお掃除をしていただくと、買取価格がアップします。

完全動作が買取の基本です

正常動作を確認!

正常に動作することが買取りをさせていただく大事な条件の一つとなります。

キズや破損は隠さず連絡

管楽器のキズや破損等はないか

外見も重要なポイント!なるべく新品に近い状態であればあるほど買取金額も高くなります。

LINEで買取価格を調べる
電話で価格を調べる
メールで価格を調べる

管楽器の高価買取メーカー

買取強化対象メーカーはこちら!

・ビュッフェ・クランポン
・ヤマハ
・ベッソン 

・クルトワ
・ヤナギサワ
・ローランド 

・セルマー など

上記のメーカー以外の記載のないメーカーでも、ぜひご相談ください!

管楽器の廃棄方法

●粗大ゴミとして捨てる
粗大ゴミサイズの規定については自治体のホームページ等から確認してください。

①お住まいの自治体の粗大ゴミ受付センターにホームページ等から問い合わせて、粗大ゴミの収集依頼をする。
②スーパーやコンビニなど、最寄りの粗大ゴミ処理券取扱店で粗大ゴミシールを購入して、貼り付ける。
③ゴミの収集日時までに、お問い合わせの時に指定した収集場所へ出しておく。

●寄付をする 施設や団体へ寄付する選択肢もあります。

管楽器の歴史

管楽器は吹奏楽器とも呼ばれています。吹奏楽の歴史は、古代エジプトにまでさかのぼります。ラッパと太鼓類を主に、行進を伴奏する情景が当時の壁画に残されています。古代ローマ時代には編成も大きくなり中世の軍楽の基礎がつくられます。

中世になると楽器も発達し、種類、数量も増えて、より多くのクラリネット、ピッコロが加えられて、金管楽器が更に発達し、打楽器の素晴らしさ、大太鼓やシンバル、トライアングル等の打楽器セクションの劇的な効果が認められるようになりました。

17世紀にはドイツ・フランスなどで盛んとなり、芸術音楽にも多大な影響を与えはじめます。
18世紀頃には吹奏楽隊は使用する楽器が国により異なりますが、現在とほぼ変わらない規模になってきます。

楽器の発達により複雑な演奏が可能となると、軍楽も単に士気の鼓舞だけの用途でなくなり、多くの種類の音楽も演奏できるようになります。吹奏楽はその音量が大きいこと、移動して演奏するのに便利なことなどから、それまでは野外演奏が主であったが、その後演奏会場が大きくなったため、 管弦楽と同じような演奏効果があげられるようになり、吹奏楽として一つの演奏分野が認められるようになりました。

LINEで買取価格を調べる
電話で価格を調べる
メールで価格を調べる