加湿器の買取なら鑑三郎!
LINEで買取価格を調べる

ご不要の加湿器の買取り処分をご検討されているなら、 かんざぶろうにお任せ!
加湿器は気化式、超音波式、スチーム式など近年高性能な機能が搭載された種類が増え、注目が集まっている家電です。
買い替えや引っ越しなどで不要になった加湿器の処分を考えていませんか?
買取なら捨てるよりも断然お得!
一度かんざぶろうへお気軽にお問い合わせください!

買取方法

まずは買取方法について確認!

リサイクルショップかんざぶろうの宅配買取サービス
リサイクルショップかんざぶろうの店頭買取サービス
リサイクルショップかんざぶろうの出張買取サービス

※大型のものにつきましては、二人でお伺いしますので安心してご利用ください。
※小型タイプのものについては、宅配及び店頭のみとなる場合がございます。

買取相場

気になる買取相場情報!

ぜひ当社で査定してみてください!

加湿器は、一人暮らしの方からご家族でお住まいの方まで幅広く人気の家電で、中古であっても需要のある商品です。
加湿器は季節家電に分類され、時期によって買取需要に差が出ます。空気が乾燥し始める晩秋から初冬にかけて特に需要が高まり、この時期には高額で買取されるようになります。
家電の買取価格の目安は、中古市場で出回っている商品の値段の約1/3と言われています。 人気モデルや有名メーカーの商品、多くの機能が搭載されているものなどは当然、買取価格も高くなります。 また、加湿器の需要が高まる晩秋、初冬はさらに高額で買取されるようになります。 商品の状態や年式、買取の時期、加湿器の容量や機能にも影響しますが、だいたい3,000円から20,000円程度が加湿器買取の相場となっています。

買取実績

あんしんの買取実績!らくらく査定で価格がすぐわかる!

シャープ プラズマクラスター加熱気化式加湿器 プレミアムホワイト HV-P55(W) 2021年製 美品
SHARP HV-P55(W)
プラズマクラスター加熱気化式加湿器 2021年製 美品

2022年6月買取

¥3,500-
BALMUDA 気化式加湿器 Rain ERN-1100SD-WK 2021年製 展示品
BALMUDA ERN-1100SD-WK
気化式加湿器 Rain 2021年製 展示品

2022年6月買取

¥3,500-
シャープ 加湿器 5畳 プレミアムホワイト 2.4L HV-L30 2021年製  美品
SHARP HV-L30
加湿器 プレミアムホワイト 2021年製 2.4L 美品

2022年6月買取

¥4,000-
ダイソン 超音波式加湿器  dyson hygienic mist 2019年製 美品
ダイソン
超音波式加湿器 dyson hygienic mist 2019年製 美品

2022年6月買取

¥15,000-
LINEで買取価格を調べる

高価買取のポイント

高価買取のためにはここをチェック!

商品の情報を確認の上で買取に

メーカー・製品名を確認

人気メーカー・人気商品は買取金額も高い場合が多くなります。見積り時には、メーカー名と製品名をお伝えください。

売りたいと思い立ったら即連絡

買取はお早めに!

高価買取のためには5年以内の決断がおすすめ。当店では、ご購入から5年以内のものの買取を実施中!製品の型式・年式をお知らせください。

購入時の付属品は何でもUP!!

付属品は忘れずに

付属品の有無は、買取査定の重要なポイント!取扱説明書、保証書などの付属品がある製品は、忘れずチェックしましょう。

高価買取の決め手は「第一印象」見た目は重要

見た目がキレイだと買取価格UP!

キレイにお掃除をしていただくと、買取価格がアップします。

完全動作が買取の基本です

正常動作を確認!

正常に動作することが買取りをさせていただく大事な条件の一つとなります。

キズや破損は隠さず連絡

キズや破損等はないか

外見も重要なポイント!なるべく新品に近い状態であればあるほど買取金額も高くなります。

LINEで買取価格を調べる

高価買取メーカー

高価買取メーカーはこちら!

・ダイソン
・バルミューダ
・ブルーノ

・シャープ
・パナソニック
・象印


上記のメーカー以外の記載のないメーカーでも、ぜひご相談ください。

高価買取シリーズ

高価買取シリーズはこちら!

・シャープ プラズマクラスター
・ダイソン(dyson) Hygienic Mist MF01
・BALMUDA 気化式加湿器 Rain ERN-1100UA-WK

廃棄方法

●不燃ごみ 一辺が30cm以下のもの
決められた日に、決められた場所に出しましょう。

●粗大ごみ 一辺が30cm以上のもの
30cm以上のものは粗大ごみとして自治体で引取りしてもらえます。引き取りしてもらう場合はおおむね以下の手順になります。
①自治体指定の連絡先に申し込み
②料金の支払い:指定のシールを購入
③指定場所におく:シールを張り付け指定日に指定場所へ 粗大ごみに出す際の料金は200円程度が目安ですが、大きさやお住いの地域によって異なります。

詳しい内容は各自治体にお問い合わせください。

●小型家電リサイクル法に従って処分する
処分の方法は簡単で、家電量販店や役所などに設置された「小型家電回収ボックス」に入れるだけです。
回収ボックスの投入口は、横30cm×縦15cmが目安です。
処分したい加湿器がこの投入口に入るサイズであれば、ぜひ利用しましょう。

廃棄の前にぜひ当社の買取査定をご利用ください。当社で買取が難しい場合は、当社でお引取りもできますが、上記の自治体などのサービスをご利用いただくとお安く処分できます。

歴史

加湿器が無かった時代、火を使って湯を沸かして、その蒸気で加湿をしていました。そんな中、1925年(大正14年)、アメリカ・ニューヨーク在住の『カズマン』さんという方の息子さんが、風邪をひいてしまいました。診察した医者から“部屋の中が乾燥しないように加湿して下さい”と言われた『カズマン』さんはヤカンに水を入れて、火にかけていました。 ところが、このヤカンが突然、爆発してしまいました。この時、素早い対応によって、被害は大きくなかったそうですが、これをキッカケに『カズマン』さんは“安全な加湿器が必要だ”と痛感しました。そこでいろいろ考えた結果、翌1926年に、空焚きしても安心な安全装置を備えた、世界で初めての『電気式のスチーム加湿器』を発明しました。

この『カズマン』さんが作った加湿器は、アメリカの医学協会で紹介されると、高評価を得ました。『カズマン』さんは、この加湿器の発明をキッカケに会社を作りましたが、それが『Kaz(カズ)』という会社です。今では世界を代表する加湿器のメーカーです。

日本では1960年(昭和35年)、当時は産業が急激に発展していて、工場では新しい環境が必要とされるようになっていました。そこで東京にあります“湿度と温度と室内気候の専門企業”『ピーエス工業』が日本で初めて、産業用の加湿器の製造・販売の企業としてスタートしたそうです。

LINEで買取価格を調べる