iPhone・iPadの買取なら鑑三郎!
LINEで買取価格を調べる

ご不要のiPhone・iPadの買取り処分をご検討されているなら、かんざぶろうにお任せ!
発売以降、常に携帯端末の販売個数トップを走るApple製品ですが、新しい機種が発売されるごとに買い替えている方は、以前使用していた旧機種がどこかに眠ったままになっていませんか?
iPhone・iPadは買取なら捨てるよりも断然お得!
一度かんざぶろうへお気軽にお問い合わせください!

買取方法

まずは買取方法について確認!

リサイクルショップかんざぶろうの宅配買取サービス
リサイクルショップかんざぶろうの店頭買取サービス
リサイクルショップかんざぶろうの出張買取サービス

買取対象について

破損商品について

apple製品は、破損等した場合には、お近くのアップルストアに持っていくと、ほとんどの場合、サポートで無償交換できますので、機種変更をお考えの方は、アップルストアでご確認ください。
新品への交換が可能であれば、買取金額は、もちろん最高額で引き取らせていただきます。

事前準備

事前に準備をお願いいたします

・通信規制されている端末か確認する。
⇒通信規制されている端末はお売りいただけません。

・端末の初期化
⇒端末の初期化機能(リセット機能)を使って、端末の初期化を行ってください。

・ICアプリをすべて削除
⇒おさいふケータイなどのICアプリはすべて削除したうえでお売りください。

・「iPadを探す」「iPhoneを探す」をオフにする

買取相場

気になる買取相場情報!

ぜひ当社で査定してみてください!

iPhone・iPadは、Wi-FiモデルかCellularモデルか、またキャリアによっても価格が少し異なってきます。
基本的にはWi-Fi + Cellularモデルで、SIMロック解除済みのものが高い査定額となります。

高価買取のポイント

高価買取のためにはここをチェック!

商品の情報を確認の上で買取に

メーカー・製品名を確認

人気メーカー・人気商品は買取金額も高い場合が多くなります。見積り時には、メーカー名と製品名をお伝えください。

売りたいと思い立ったら即連絡

買取はお早めに!

高価買取のためには5年以内の決断がおすすめ。当店では、ご購入から5年以内のものの買取を実施中!製品の型式・年式をお知らせください。

購入時の付属品は何でもUP!!

付属品は忘れずに

付属品の有無は、買取査定の重要なポイント!取扱説明書、保証書などの付属品がある製品は、忘れずチェックしましょう。

高価買取の決め手は「第一印象」見た目は重要

見た目がキレイだと買取価格UP!

キレイにお掃除をしていただくと、買取価格がアップします。

完全動作が買取の基本です

正常動作を確認!

正常に動作することが買取りをさせていただく大事な条件の一つとなります。

キズや破損は隠さず連絡

キズや破損等はないか

外見も重要なポイント!なるべく新品に近い状態であればあるほど、買取金額も高くなります。

LINEで買取価格を調べる

高価買取シリーズ

高価買取シリーズはこちら!

・iPhone13 ProMax
・iPhone13 Pro
・iPhone13
・iPhone13 mini

・iPhone12 ProMax
・iPhone12 Pro
・iPhone12
・iPhone12 mini

・iPad Pro 2021年モデル Cellular版
・iPad Pro 2021年モデル Wifi版

当社のデータ消去の流れ

①データ消去
商品の状態を確認し、データを全て消去致します。

②データ上書き
データを上書きすることで、復元不可能にします。

③初期設定&クリーニング
初期設定にして使用可能な状態にし、販売可能な商品に戻します。

廃棄方法

・iPhone・iPadを処分する前に必ず注意しておくべきポイント
①データのバックアップを取る
②本体のデータを初期化する
③SIMカードを抜いた状態で処分する

・処分方法
①不燃ごみとして処分する
自治体によっては不燃ごみとしての処分ができない場合もあるため、あらかじめ確認をしておくほうが良いでしょう。内部のモバイルバッテリーに関しても、発火の危険性があることから不燃ゴミとして回収してもらえない自治体が多いです。
②小型家電の回収ボックスに出す
無料回収ボックスは自治体が用意しているものと家電量販店に設置されているものがあります。
③キャリアショップに引き取ってもらう
docomoやau、Softbankなど大手キャリアは、キャリア・購入場所を問わず、携帯電話の無料回収サービスを行っています。郵送などによる回収には対応していないため、自分で店舗に持ち込んで処分してもらうための手続きをしなければなりません。
④Appleで処分してもらう
iPhoneの買い替えを考えている場合は古いものをAppleに下取りに出すのも良いでしょう。
下取りができる状態であれば、その金額分が新しく購入するiPhoneの価格から割引されたり、ギフトカードとしてもらえたりします。下取りができない場合や新しくiPhoneを購入しない場合は、無料でリサイクル品として回収をしてもらうことも可能です。

廃棄の前にぜひ当社の買取査定をご利用ください。買取が難しい場合は当社で廃棄も可能ですが、上記の自治体などのサービスをご利用いただくとお安く処分できます。

歴史

2007年1月9日、スティーブ・ジョブズは「Macworld Conference & Expo 2007」のステージ上でiPhoneを発表した。彼は1時間近くかけてこのデヴァイスを説明し、タッチインターフェイスから『ニューヨーク・タイムズ』のウェブサイトの閲覧操作まで、あらゆる特長を絶賛したのだった。 それから1年後の08年に発売された「iPhone 3G」は、こうした人々にとってさらに“大事件”だっただろう。3Gネットワークに対応したことで、電子メールやウェブページへのアクセスがはるかに高速になり、しかも価格もずっと安くなった。

何より重要なのは「App Store」の存在だろう。これによって開発者は、ソフトウェアを制作して何百万人ものスマートフォンユーザーに販売できるようになった。ほぼ間違いなくApp Storeは、テック産業と社会一般の双方にとって最も重要な貢献だったと言える。

アップルはその大成功によって、ハードウェアとソフトウェアの両方を手がけることで最高の製品が生み出されるという事実を、ほかの大手テック企業に証明してみせた。近年ではマイクロソフトやグーグル、フェイスブック、アマゾンも同じことをしており、ソフトウェア事業の上に巨大なガジェット事業を構築している。

LINEで買取価格を調べる