ペルシャ絨毯の買取なら鑑三郎!
LINEで買取価格を調べる
電話で価格を調べる
メールで価格を調べる

ご不要のペルシャ絨毯の買取り処分をご検討されているなら、 かんざぶろうにお任せ!
ご家庭や、住宅展示場、ショールームなどで不要になったペルシャ絨毯の処分を考えていませんか?
パキスタン絨毯、トルコ絨毯なども買取実施中です。
買取なら捨てるよりも断然お得!
業者様からの買取も受け付けしていますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

ペルシャ絨毯の買取方法

まずは買取方法について確認!

リサイクルショップかんざぶろうの宅配買取サービス
リサイクルショップかんざぶろうの店頭買取サービス
リサイクルショップかんざぶろうの出張買取サービス

ペルシャ絨毯の買取対象一覧

ペルシャ絨毯の買取は、 かんざぶろうにお任せ!

・素材
 ウール(毛)、シルク(絹)
・産地
 クム、ナイン、タブリーズ、イスファハン、カシャン、キリム、ギャッベ
・模様(文様)
 メダリオン、エスリム、ボテ(ペイズリー)、ゴンバッティ、ヘラティ、メヘラブ、ヘシティ、ピクチャー、ゴルダニ(花瓶)、デラヘティ(花鳥文様)、生命の樹、ハンティング(狩猟)、ミナハニ、ガービ、ヤスィ、マヒ(魚)、ゴルボテ(花模様)、パランデ(鳥)、ジョウシャガン、アフシャーンなど
・大きさ(サイズ)
 ミニ(約40×40cm)、ポシティ(約90×60cm)、ザロチャラク(約130×80cm)、ザロニム(約155×105cm)、ドザール(約210×140cm)、パルデ(約270×170cm)、キャレギ(約300×200cm)、ガリ(約300×200cm以上)、ケナレ(約480~600×100cm)
・形
 ゲルド/ラウンド(円形)、ベイズィー/オーバル(楕円形)、三角形、八角形、半円など

その他、パキスタン絨毯、トルコ絨毯なども買取ります!

ペルシャ絨毯の買取相場

気になる買取相場情報!

ぜひ当社で査定してみてください!

高く売れるペルシャ絨毯の特徴 大きいサイズ、高いノット数、銘がある、作られてからの年数、 アンティーク品、メダリオンデザイン、産地 また、ペルシャ絨毯は、素材によっても価値が変わるため、素材ごとに買取相場を見ていきましょう。なお、5大産地と素材の条件によっては、より高価なものになります。
・ウール 3〜7万円程度
・シルク 5〜15万円程度

ペルシャ絨毯の高価買取のポイント

高価買取のためにはここをチェック!

商品の情報を確認の上で買取に

ペルシャ絨毯のメーカー・製品名を確認

人気メーカー・人気商品は買取金額も高い場合が多くなります。見積り時には、メーカー名と製品名をお伝えください。素材、産地、模様、サイズ、形も買取り査定で大きなポイントとなります。

売りたいと思い立ったら即連絡

ペルシャ絨毯の買取はお早めに!

高価買取のためにはお早めの決断がおすすめ。製品の型式・年式が、買取り価格を上げる要素にもなります。

高価買取の決め手は「第一印象」見た目は重要

キレイにして買取金額UP

キレイにお掃除していただくと、買取金額がアップします。

購入時の付属品は何でもUP!!

付属品は忘れずに

付属品の有無は、買取査定の重要なポイント!取扱説明書や保証書などの付属品がある製品は、忘れずチェックしましょう。

完全動作が買取の基本です

ペルシャ絨毯の使用状況を確認!

しわがない等、丁寧にご使用いただいている場合は、高価買取の可能性が上がります!

キズや破損は隠さず連絡

キズや破損等はないか

外見も重要なポイント!なるべく新品に近い状態であればあるほど買取金額も高くなります。

LINEで買取価格を調べる
電話で価格を調べる
メールで価格を調べる

ペルシャ絨毯の高価買取シリーズ

高価買取シリーズはこちら!

「イスファハン産」「タブリーズ産」「ナイン産」「クム産」「カシャーン産」の5大産地はブランド価値が高く、高価買取価格がつきやすくなります。

ペルシャ絨毯の廃棄方法

●粗大ごみとして処分 ・持ち込み処分は、各自治体の「指定収集場」へ自己搬入する方法で、無料または格安の料金で引き取ってもらうことができます。くわしい料金や場所、システムは自治体ごとに違うため、それぞれの自治体ホームページを確認してください。
・粗大ごみとして、引き取りしてもらう場合は以下の手順になります。
①自治体指定の連絡先に申し込み
②料金の支払い:指定のシールを購入
③指定場所におく:シールを張り付け指定日に指定場所へ 粗大ごみに出す際の料金は400〜1,200円程度が目安です。大きさやお住いの地域によって異なります。各自治体にお問い合わせください。

●買い替えの際にお店に引き取ってもらう
絨毯・カーペットを買うときに、まずお店に古い絨毯・カーペットの引取りをしているかどうかを確認しましょう。 引取りが可能なお店なら、そのまますぐに申込みができます。 引取りの日時や方法、引取り料などの確認は忘れないようにしましょう。 特に、引取り料はお店によって異なるので先に確認したほうが安心です。 自宅への配送を頼んだ場合には、通常は絨毯・カーペットの搬入日と同時に古い絨毯・カーペットも引取りになります。処分にかかる費用はお店により異なります。購入を希望するお店にお問い合わせください。

廃棄の前にぜひ当社の買取査定をご利用ください。当社で買取が難しい場合は、当社でお引取りもできますが、上記の自治体などのサービスをご利用いただくとお安く処分できます。

ペルシャ絨毯の歴史

手織り絨毯の芸術は、約1000年前に中央アジアの草原で発展されました。遊牧民たちは、寒さが厳しい冬から身を守れ、また羊皮の敷物より扱いやすい何かを必要としていました。同時に、彼らは自分たちのテントに装飾を施す習慣があり、絨毯製造もここから始まったと言われています。
絨毯の芸術は、16世紀の間皇帝の保護のもと、王室用の工房などでペルシアとインドで技術的、また芸術的に発展されました。この時期に、世界で最も素晴らしく、恐らく最も有名な絨毯である、アルダビール絨毯が生まれました。 こうした世界のカーペットは近代に入るまで、その多くが手で編まれたものや、手動の織機によって織られた緞通(だんつう)を中心としていました。
しかし、近代になるとこうした緞通(だんつう)ではなく、糸を結びつけずに、パイル(布面にある毛や輪のこと)を作るビロードが主流となります。 このビロードは産業革命以後、蒸気機関の発明や様々な紡績機・織機の発達により、ウォール・ツー・ウォール・カーペットや、フェース・ツー・フェース・カーペットが生まれ、さらに20世紀になると、技術革新によりタフテットカーペットや、ニードルパンチによるフェルトなど、織らないカーペットが生み出されています。

LINEで買取価格を調べる
電話で価格を調べる
メールで価格を調べる