レンジボードの買取なら鑑三郎!
LINEで買取価格を調べる

ご不要のレンジボードの買取り処分をご検討されているなら、 かんざぶろうにお任せ!
買い替えや引っ越しなどで不要になったレンジボードの処分を考えていませんか?
買取なら捨てるよりも断然お得!
一度かんざぶろうへお気軽にお問い合わせください!

買取方法

まずは買取方法について確認!

リサイクルショップかんざぶろうの宅配買取サービス
リサイクルショップかんざぶろうの店頭買取サービス
リサイクルショップかんざぶろうの出張買取サービス

※単体での出張買取りはお伺いが難しいですが、他のものとご一緒だとお伺いする場合もありますので、お気軽にご相談下さい。

買取相場

気になる買取相場情報!

ぜひ当社で査定してみてください!

レンジボードの買取価格は、3,000~30,000円が相場です。
買取相場に大きく幅が見られるのは、査定時に「メーカー」によっておおよその価格が決められるためです。
少なからず状態や容量も査定額に影響しますが、人気メーカーならまず高額査定を期待できるでしょう。
・IKEAやニトリなどの身近なメーカー品 4,000円ほど
・一流メーカー品 10,000円ほど中には50,000円を超える買取価格がつく場合も
ここからカラーや機能性、状態などを考慮して査定額が加味されるようです。

高価買取のポイント

高価買取のためにはここをチェック!

商品の情報を確認の上で買取に

メーカー・製品名を確認

人気メーカー・人気商品は買取金額も高い場合が多くなります。見積り時には、メーカー名と製品名をお伝えください。

売りたいと思い立ったら即連絡

買取はお早めに!

高価買取のためには5年以内の決断がおすすめ。当店では、ご購入から5年以内のものの買取を実施中!製品の型式・年式をお知らせください。

高価買取の決め手は「第一印象」見た目は重要

キレイにして買取金額UP

キレイにお掃除していただくと、買取金額がアップします。

購入時の付属品は何でもUP!!

付属品は忘れずに

付属品の有無は、買取査定の重要なポイント!取扱説明書や保証書などの付属品がある製品は、忘れずチェックしましょう。

完全動作が買取の基本です

使用状況を確認!

ガタツキがない等、丁寧にご使用いただいている場合は、高価買取の可能性が上がります!

キズや破損は隠さず連絡

キズや破損等はないか

外見も重要なポイント!なるべく新品に近い状態であればあるほど買取金額も高くなります。

LINEで買取価格を調べる

高価買取メーカー

高価買取メーカーはこちら!

・ウニコ
・綾野製作所
・クラッセ

・カリモク
・イッセイキ など

上記のメーカー以外の記載のないメーカーでも、ぜひご相談ください!

高価買取シリーズ

高価買取シリーズはこちら!

・パモウナ(Pamouna)レンジボード
・ウニコ(unico)ストラーダ STRADA キッチンボード
・綾野製作所 食器棚
・カリモク(karimoku)食器棚
・ニトリ キッチンボード
・松田家具 レンジボード など

廃棄方法

●解体・分解して普通ゴミに出す
食器棚が木材でできており、解体のための工具や技術がある人は、指定袋のサイズに解体して可燃ごみとして出せば、費用はかかりません。基本的に自治体では長さ30cm程度、太さ部分の直径10cm程度、6~8cm角程度まで分解することで可燃ごみになります。安く抑えることができるのはメリットですが、解体に時間がかかること、最後まで解体できないリスクがあること、金属製のものは可燃ごみとして出せないというデメリットもあります。

●粗大ごみとして処分
・持ち込み処分は、各自治体の「指定収集場」へ自己搬入する方法で、無料または格安の料金で引き取ってもらうことができます。くわしい料金や場所、システムは自治体ごとに違うため、それぞれの自治体ホームページを確認してください。
・粗大ごみとして、引き取りしてもらう場合は以下の手順になります。
①自治体指定の連絡先に申し込み
②料金の支払い:指定のシールを購入
③指定場所におく:シールを張り付け指定日に指定場所へ
粗大ごみに出す際の料金は、200〜2,000円程度が目安です。大きさやお住いの地域によって異なります。各自治体にお問い合わせください。

●買い替えの際にお店に引き取ってもらう
レンジボードを買うときに、まずお店に古いレンジボードの引取りをしているかどうかを確認しましょう。
引取りが可能なお店なら、そのまますぐに申込みができます。 引取りの日時や方法、引取り料などの確認は忘れないようにしましょう。 特に、引取り料はお店によって異なるので先に確認したほうが安心です。 自宅への配送を頼んだ場合には、通常はレンジボードの搬入日と同時に古いレンジボードも引取りになります。処分にかかる費用はお店により異なり、引き取り料金は、1配送につき2000円~5000円が相場になります。中には最大2,000円程で下取りしてもらえることもあります。購入を希望するお店にお問い合わせください。

廃棄の前にぜひ当社の買取査定をご利用ください。当社で買取が難しい場合は、当社でお引取りもできますが、上記の自治体などのサービスをご利用いただくとお安く処分できます。

歴史

<14世紀のイギリス>
食器棚が使われるようになったのは、14世紀頃のイギリスです。当初、食器棚は、本棚に扉のついたような形でした。16世紀になると、金や銀でできた高級食器を立てかけて飾るためのディスプレイ用の食器棚も誕生しました。食器棚の扉にガラスが用いられるようになったのもこのころです。また、家具職人によって、様々なデザインの食器棚が作られるようになりました。

<産業革命の影響>
産業革命以降のヨーロッパでは、大量生産の技術で数多くの食器棚が作られるようになりました。しかし、20世紀には、安価で粗悪な商品が生まれるようになったことに反発し、中世のころの手仕事の良さを取り戻そうとする運動が起こり、使いやすさと中世の家具の装飾性を取り入れた食器棚が人気を集めました。

<日本の食器棚>
日本において食器棚の原型とされているのは、茶器などを収納する「茶たんす」や食器類を収納する「水屋(みずや)たんす」です。これらは江戸時代以前からありましたが、一般に普及したのは明治・大正時代です。昭和以降になると、生活スタイルの変化に合わせて洋風の食器棚が製造・輸入されるようになりました。

LINEで買取価格を調べる