銀食器・シルバー製品の買取りポイント

silver

正直結婚式等でしか見かけませんが、銀食器や銀のスプーン・フォーク・ナイフ(シルバー)や、トロフィーなどの銀の置物といった銀製品が、どこかに眠っていませんか?
貴金属的価値が先行してしまい、ほとんどの場合、重さでしか金額が決まらない金制品と違い、銀製品は、製品のデザインやブランド・歴史などで、大きく価値が左右されます。その為商品として買い取る我々再販業者(リサイクルショップ)での買取が、貴金属店よりも高く評価いたします。

しかしながら、金やプラチナ製品と比べても、お手入れが面倒くさいというのが、銀製品の特徴でもあります。その為食器類などの多くは、使用されることはなく、しまったままというのが現状です。
ぜひお宅のどこかに眠ったままの銀製品が、ございましたら、スマホからでも簡単に買取査定できます専用フォームが、ページの下にございますので、ぜひ買取りのご相談をお待ちしております。

銀の食器・スプーン・フォークその他銀製品の高価買取りポイント

正直申しまして、銀製品は、ニセモノもございますし、刻印が無くてもホンモノというパターンもございます。基本的には、ブランド製品などのようにハッキリと価格をご提示できるものもあれば、実際に伺ってみると、メッキというパターンもございますので、大きすぎる期待は禁物です。某テレビ番組の「○○○鑑定団」のように、なりかねません。
ここでは、一応銀製品だろうという目星をつけれる判断基準をご説明いたします。銀製品であれば、買取りの対象となります。

銀製品に刻印はございますか?

銀である証として、SILVER・SV・SV925・925・STARLING・STARLINGSILVERといった刻印がございます。一部デザイン上刻印の無いものもございますが、海外製品で刻印ナシとなると、少々疑ってかかる必要がございます。
ちなみに、PLATED・NICKEL SILVERの刻印は、メッキになりますので、中身は合金である可能性が、非常に高くなります。

重さは、見た目以上ですか?

銀の特徴として、比較的比重の重い金属になりますので、持った感じが、何となく「ずっしり」しています。ただ、銀だとの思い込みが先行するので、何となく「ずっしり感があります」と皆様言われます。間違いなくホンモノであるアクセサリー等をお持ちであれば、その感覚と比べて頂くと、若干信憑性が高くなります。
その他にも、硫黄を多く含む、輪ゴムで目立たない部分を擦ってみて、黒ズム等ございますが、製品を汚してしまうので、オススメできません。
まずは、刻印がされていることを確認できれば、最低限銀の単価以上の買取り価格は、間違いございませんので、ご安心ください。

買取り対象の銀製品(参考までに)

食器類に関わらず、変わった物でも全く問題ございません。お気軽に買取のご依頼をお待ちしております。

  • 食器(皿・ボウル・杯)
  • スプーン
  • フォーク
  • ナイフ
  • トロフィー
  • 置物
  • 宝石箱
  • 壁飾り
  • ライター
  • 灰皿
  • レターセット

2017/06/16